• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
H23-2次隊 Bangladesh
H23-2次隊 バングラデシュ組がお贈りする、まぁそれはそれは楽しいBlogです。
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
荷物について
 ・H23-2は飛行機に乗せれる荷物が20kgで、手荷物7kgであった。
  (先輩隊員は20kg×2だったそうです。)
 ・基本的に3kgぐらいまでなら超過料金はとられない。
  (今回は+5kgでも大丈夫だった。)
 ・重い荷物は手荷物に!
 (計られないので何キロでも持ち込める)

お金について
 ・円で換金ができる!
  (2011、9現在はドルよりも換金率がいい)
 ・任国外旅行ではドルが必要になるが、バングデシュでは円が便利

服について
 ・半ズボンを着る文化がないため、なかなかない。
  (作ってもらえるが、分厚い生地はなかなかない。)
 ・移動はサンダルが多いので、しっかりした物があれば便利
 ・冬は日本の秋ぐらいの服
 ・雨期は洗濯物が乾かないので、乾きやすい服がいい
 ・女性は薄くて、乾きやすいストールなどがあると便利
 ・女性は民族衣装が多い
  (安く購入できる)
 ・男性は襟付きにジーパンやチノパン、スーツなど
  (現地人はシャツが多い)
 ・バイク隊員は高級カッパ(1万円以上)が必要

カバンについて
 ・日常で使える手頃なサイズ(24Lくらい)のザック、買い物用トー 
  トバックなどが便利
 ・バイク隊員は防水のカバンが便利
 ・肩掛けは力車乗車時、基本禁止
  (日常使うには便利)

電化製品について
 ・スタビライザー(電圧安定機)が購入可能(変圧器もついている)
  (日本から変圧器を買う必要はない、重くて高いだけ)
 ・すべてのプラグに対応したたこ足が売っている

インターネットについて
 ・JOCVはJICAからUSBに差し込むとバングデシュ全土で使える物を
  支給される(使用制限あり)
 ・skypeはできる(任地によって電波状況が異なる)

電話について
 ・JICAから支給(使用料は格安だが完全自己負担)


 ・侍とMUMという銘柄の水が比較的安心と言われている
  (ミネラルウォーターというより、飲料水)

お酒
 ・外国人用の店があるので、ダッカでは購入できる

メガネ・コンタクトレンズ
 ・大きい街でメガネは作れる
 ・コンタクトは作っている隊員の人を見たことはない
 ・コンタクトの洗浄保存液は500~800TK(355ml)
 (ダッカのみで購入可能 グルシャン2近辺、コの字マーケット等)

その他
 ・サッカーを週に一回ダッカでする機会があるので、ダッカに近くて
  サッカー好きはスパイクがあれば便利。
  (4,000円くらいでダッカでも買えます)
スポンサーサイト
page top
Copyright © 2017 H23-2次隊 Bangladesh. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。