H23-2次隊 Bangladesh
H23-2次隊 バングラデシュ組がお贈りする、まぁそれはそれは楽しいBlogです。
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ひろいちゃん
NIDとC-to-Cとノアカリ県ハティア郡
2012-01-27-Fri トラックバック : 0  コメント : 0
すみません、ホントは昨日更新のはずがガッツリ忘れていた清水ですorz
いやー、今年に入ってからなんかずっと忙しくて…。
どれくらい忙しいかというと、未だ赴任3ヶ月後に書く第1号報告書ほっとんど真っ白なくらいです!!
…いや、まぁそれは単に私の怠け癖もありますがww

さてさて、前回のブログでちょこっと書きましたNID(全国一斉ポリオ投与キャンペーン)ですが、おかげ様で無事第1roundが終わりました!!
いやー、それにしても忙しかった。。
何しろ、1週間前からいろんなところで地区ごとにボランティアに対するトレーニングだとか、郡ごとにミーティングだとかであちこち行ったかと思うと、金曜日はNID前日で全郡(フェニは6郡+中心街)の準備状況を確認に回り、当日は土曜日(バングラの休日は金、土)。
次の日からはChild-to-Childといわれるサーチングでまた5日間fullに活動というわけですorz
…いやー、我ながらこのハードスケジュールで全く体調崩さなかった事に感激するわぁ。。

NID当日は、WHOから配布されたcheck listを使ってとにかく行ける接種所を回ってサーベイ。。
ちなみに、交通手段はJICAの車です。
バングラの感染症対策の隊員に関しては、ローテーションで専用のJICAの車を使う事が出来ます。
もちろん、運転は任地のドライバーさんですw
回ってみて思ったのは、ボランティアさんの多さ!!
NID当日は、1つの接種所に4人のワーカーがいる事になってるんですが、4人全員ボランティアという接種所も結構ありました。
しかも、中には先生と生徒という接種所も…。
生徒の年齢も、カレッジの学生から10歳くらいの小学生まで様々です。。
でも、間違える事もありながらも一生懸命やってくれてる姿には感謝感謝ですvv

そして、5日間続いたChild-to-Child。。
こちらも私たちはWHOのcheck listに沿って行いましたが、各群のワーカーさんは独自に4日間でそれぞれ決められた場所の家々を回ります。
そこでNIDの時にポリオを飲んでいない子どもを見つけたら、その場で飲ませるというなんとも気の遠くなるような仕事…。
そして、ワーカーさんがサーチングしたところを次の日に郡のHealth Inspectorが更にサーチング。。
私も、ワーカーさんがサーチングを終えたところをサーベイしていましたが、私の場合は国境沿いや県境、郡境、Hard To Reach areaと呼ばれるアクセス困難な場所に限定してサーベイしていました。
フェニは小さい県、Hard To Reach areaが少ない(1郡にしかない)、そして何よりみんなが真面目に働いてくれるので、特に飲んでない子どもが多い場所はありませんでした!!
よかったぁ☆彡
ですが…

そして、16日から2日間、フェニの隣県ノアカリ県にて協力隊EPI隊員による独自のサーベイが行われました!
なぜノアカリ県かというと、そこはHard To Reach areaが広域で、実際に接種率も普通の地域に比べて良くないという事でして。。
そんなわけで、またもHard To Reach areaに絞ってサーベイを行なったわけですが…、いやー、ホントにHard To Reachだわww
場所にもよりますが、私が行った中で1番酷かった場所は、まず市街地から行くと途中で大きな川に遭遇→渡し舟に乗るが水かさが浅すぎて結局乗るまでに川の中を歩くorz→川を渡ったらしばらくリキシャでバザールまで→途中、板張りの橋をリキシャで渡るorz→バザールまで着くとその先は道が細過ぎる為、1時間以上かけて歩くorz
…こんな感じで、orzが3つも付くくらいハードでしたww
ちなみに、これが橋を渡ってる時の上から撮った写真↓↓
IMG_1686-2.jpg
そしてサーベイの結果としては…、全体的には割とNIDに関しての認知はありましたが、やっぱり↑に書いた場所は全然…。
というか、それ以前にNIDを知らない人が多かった事にもびっくり(;゚Д゚)!
情報が行き届かない世界というのを初めて目の当たりにしました…。
どうにかしたい気持ちは山々ですが、このアクセスの困難さは私たちがどうにか出来る問題ではないですからね。。
もどかしい限りですorz

ここまで長々と綴ってしまいすみません。。
最後に、どうしても知ってもらいたい事実↓↓
IMG_1474-2.jpg
IMG_1482-2.jpg
↑の写真の人たちは、それぞれ郡病院-接種所間のワクチンの運搬をしてくれるポーターさんたち。
写真はNID前日の様子で、ワクチンを接種所で管理する為のキャリーを1つずつ手洗いしているところ。。
こんな風に休日に一生懸命働いてくれているポーターさんですが、実は当時7ヶ月分のお給料がストップされていました((((;゚Д゚))))
そんな状況でも、毎日しっかり仕事をしてくれる彼らには、本当に頭が上がりません。
「日本人は勤勉だ」ってよく言われるけど、私はむしろ彼らの仕事に対する思いに感銘を受けました!
(現在、全額ではありませんがストップしていたお給料の一部が支払われたそうです。ノアカリ県の↑のところも、現地のポーターさんが同行してくれました。)
スポンサーサイト
page top
みんな元気?

僕は相変わらず元気です。w

今日はせーやが担当します!!

最近は『この2年間で自分のできることをどれだけ増やすことができるか』についてよく考えるんよ。
なんせ時間だけはいっぱいあるやん?
もちろん活動ベースに頑張ってるし、BDP(職場)のためにって気持ちも強い。

だからこそ、この2年間はごっつい努力しようと思う。
とりあえずしたいことは、
・ベンガル語マスター
・イラレを使えるようになること
・写真がもうなんせ凄い!ってレベルw
・算数についての知識を深める
・徹底した自己管理
・出したものを、元の位置に戻す
・ベンガル料理の代表的なものが作れるようになる
・初志貫徹
かな。

って所信表明したところで

-----------------にも負けてw---------------------

今日は雨の日の学校の様子について書くで!
DSC_1856.jpg


まず雨が降ると
粘土質の土が水を含んで滑る滑る。。
2回も転けましたよw

で、そんなしょうもないことはどうでもええんやね。
学校の様子よな。w

そんな足下の悪い中、通学路を歩いてると、
傘のない子ども達は、ビニール袋を頭に被っての登校w
写真撮りたかったんやけど、雨が強くて撮れんかった。。残念。。

ほんで、学校に午前中に着くと

児童は10人に満たないくらい。。。

DSC_1118.jpg
それもほとんどが午後からクラスの始まる高学年(3~5年生)

低学年(幼稚園~2年生)のクラスがあるはずやのに、先生もまばら。。。

授業自体してない様子。。。

で、高学年の子どもと話したり、日本のゲーム(?!)紹介して一緒に遊んだり、
勉強したりして、12時まで時間を潰すんよw

DSC_1121.jpg
その中でわかったことは、
低学年の児童は、雨に打たれると風邪をひいてまうから、雨の日はおやすみ。w
たぶん乾季の寒い時期だけやと思うんやけどな。

なんでやねん!
なんでそんなに貧弱やねん!
お前ら発展途上国の子どもやろ!!強くあれよ!
なんて勝手に思ったりしてたんやけど、

12時高学年の授業が始まってわかったことがある。
さすがに、高学年はほとんど出席してたんよ。ちょっと感動w
で、わかったこと書くで

・雨の日の教室は半端じゃないくらい暗くて、授業すんの大変
・傘をもってる児童はほとんどいない
・雨に濡れた子どもたちは、気温の低い中、窓全開で授業を受けないかん

ってこと、

それをちょっと物語風に書いてみると、
雨さんがいっぱい降ってんねんけど、傘さんが家におれへん貧しい子どもたちは、雨さんに濡れながら登校するねん。ビニールさんなんか、ほとんど役に立てへん。ビニールさんには悪いけど、気休めにしかなってないねん。

学校着いたら、ヒーローの登場や!!そう屋根さん!!屋根さん雨さんから子どもを守ってくれんねん!!
さすがヒーローやろ!?

けど、そのヒーローにも弱点があるんよ。。。
それは、太陽光さんまでも防いでまうってことなんよ。。

電気がない教室で、勉強に必要な光は、太陽光さんが命。だけど、雲さん屋根さんがいっぱい邪魔するから太陽光さんもかなり弱ってまうねん。

いつもなら勝てんねんで!

けど、太陽光さん雲さん屋根さんの最強タッグにはかなわんのやな。

そこで登場するのが窓さんや!
こいつは気の利いたやつで、雨さんもほとんど通さへんのに、太陽光さんはよお通しよんねん!

けど、BDPの小学校には窓ガラスさんって相棒はおらへんのや。。。

だから、いつもこの窓さんは全開の状態や!!

そう全開なんや!!

この全開の窓さんに挑戦状を叩き付けよんが風さんや。

窓さん窓ガラスさんっていう相棒がおれへんことをええことに、
ここぞとばかりに攻めてきよんねん!

北風小僧の乱太郎♪って感じでな。

そしたら、雨さんに打たれた子ども達は凍えるしかないわな。

でた!
雨さん風さんの最強タッグ。

もうこうなったらお手上げやわな。
体力のない小さい子どもは家でおとなしくしとく方がええわな。

って感じで低学年の児童は学校を休みますw

以上、雨の日のBDPからでした!!

ーーーーーーーーおまけーーーーーーーーーー
DSC_1201.jpg

DSC_1197.jpg

DSC_1195.jpg

DSC_1090.jpg

DSC_1145.jpg

DSC_1138.jpg
page top
 今回はBKSPの入学試験についてレポートしたいと思います。
基本的にはスポーツテストで入学が決まるようです。全国各地から大人数が受験しに来ますので、BKSP内は人であふれていました。

BKSP入試受付
受付の様子

 入学するためには一次試験を受けて合格し、さらに3泊4日の合宿で実際にBKSP内で生活をしながらトレーニングや試合を行い、最終的に判定します。
また、コーチが全国を周り選手を発掘するタレントハンティングというプロジェクトもあり、そこで選ばれた選手も合宿に合流します。
種目によって入学を受け入れる年齢は違い、種目ごとに試験も違います。
テニスや水泳は5年生を受け入れています。
サッカーは7年生(日本で言う中学1年生)。
また日本と異なる点は、この学年でも浪人生がいて14歳が合格する場合もあるということです。
当日申し込みであり、実際の参加人数は受付が終わってみないとわかりません。
サッカーは約500人の受付中、50人程度が一次試験を合格になり、タレントハンティングの選手50人と合わせ、100人程度が合宿を行います。
最終的には25人が入学する予定です。
因みに一番受験生が多い種目はクリケットで、2500人だったそうです。バスケットが40人程度だったそうなので、日本とのギャップを感じます。

BKSP入試実技
体力テスト 立ち幅跳び

一次試験は一日がかりで行われます。午前9時から受付が始まります。20タカを払い登録用紙をもらい、そこに名前や生年月日などのプロフィールを書き、その後の試験での結果もその用紙に書いてもらうことになります。サッカーの場合、受付後メディカルチェックを受けます。
実技試験は、前半は立ち幅跳び、10m×4シャトルラン、ボールリフティング、ドリブルからのシュートを行いました。午後からは11対11の試合を行いました。
こういった選抜テストは日本のクラブや学校でも行われていると思います。
もちろん、採用している体力テストや、人数等試合の形式に違いはあるかとは思いますが。
しかし、僕が見た中で最も大きな違いだと感じたのは、年齢制限で後半の試合自体を受けさせてもらえない受験生がいたことでした。
11歳以下と16歳以上の受験生が最初に集められて「年齢の高い人は受験ができません。年齢の低い人は地元に帰って練習を頑張って、また来年受験いてください。」というようなことを言って、帰していました。

BKSP入試サッカー
サッカーの受験生たち

さらに、試合を観て、良い選手がいたらそこで呼び出し、名前を聞き、即合格のような流れもありました。
さらにそこでは、帯同ドクターに歯や骨格を診てもらい実年齢を推測します。
歯の生え方で、彼が17歳以上の疑いがあると診断された場合は、実技の能力があっても不合格になっていました。バングラデシュでは戸籍がないせいか、実際の年齢が分からなかったり、嘘をついて受験している場合があるそうです。

今回の入学試験では、年齢の問題など、単純に受験生の能力を見極めるだけではない苦労を感じました。
次回の合宿は1月末にあります。
今後の試験の様子も伝えていきたいと思います。

BKSP入試柔道
柔道のテストの様子
page top
K
【謹】【賀】【新】【年】
2012-01-07-Sat トラックバック : 0  コメント : 0
明けまして2012年は前厄Kです。

CIMG6834.jpg


バングラデシュでは4月にベンガル暦の新年を祝うので、1月1日はこれといって何事もなく皆いつも通りに過ごします。

おかげで我々フィラリア隊員は、年末に第三者機関によるMDAのカバレージ調査に関するミーティングのためにダッカまで駆り出されたかと思えば、元日までに任地に戻って直ぐにフィールドでの活動に同行しなければならなくなり、年明けの実感まるでなしです。


CIMG6846.jpg



そしてつい先日の出来事。
ある郡の保健行政職員を訪ねると、私のベンガル語能力の低さに失望してか、はたまたヘルスワーカーの仕事ぶりに懐疑的な私の姿勢にフラストレーションを感じたのか、近くにいた同僚に私のことを「Fool」と耳打ちしているのを聞いてしまいました。

理由がどちらであれ、陰口たたかれる筋合いはない!(怒)

2年間一緒に活動していく協力者である筈の人間にそんな風に言われていると知ってしまい非常に気分が悪い。つらい。

前厄キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


関係ないけど耳打ちとかヒソヒソ話は他人に聞こえないようにするもんデス。

「見ろ!ガイジン!ガイジン!」

「何人?中国人?」

「中国人だよ。」

......あと勝手にひとの国籍変えるな。


荒んだ私の心を癒してくれるバングラデシュでの数少ない拠り所の一つがヤギさんです。

PB240072.jpg

CIMG6575.jpg

CIMG6518.jpg


朝食のバナナの皮を食べさせてあげるのがささやかな楽しみです。
しかしやはりこの国ではどこへ行こうとも人がいて、私のこの行動がより一層の注意を引かない訳もなく、一人でリラックスしたいのに瞬く間に囲み込まれます。

「何してるの?」

「見てわからんのか」

「うん、わからない。なんでバナナの皮食べさせてるの?」←

「もう…ほっといてくれっ」


現在北西部は夜間の冷え込みが厳しい上、朝から昼にかけてはよく視界20〜30メートルの濃霧が発生しています。

冷水シャワーで風邪をひくことよりも、今の時期はとにかく車両事故が怖いです 頼むよドライバー!!

CIMG6600.jpg


本年もこのバングラデシュという環境でどうにか心身ともに健康をキープして頑張っていきたいと思います(´∀`)
page top
明けましておめでとうございます

北部ディナジプール県・感染症対策のるりるりです

時間が経つのは早いもので、バングラに来て3か月…
先輩隊員の21年度3次隊は3日に帰国され、6日には初めての後輩隊員となる23年度3次隊(1名)が来ます!!
IMG_0637_convert_20120105220250.jpg
フィラリアの先輩隊員も1人帰国されました。お疲れ様でした!!ちなみにこの文字はケーキ屋のベンガル人が書いたものです

このタイミングでブログを書くのだから
・バングラの年末年始の様子
・21-3のビダイ(帰国隊員のお別れパーティ)
・23-3の新歓に向けた動き(ちなみに私は新隊員受入係です)
なんかを紹介したかったのですが、タイトルを見ての通りがっつり活動していますよ

MDA(駆虫薬一斉投与)の話は前にK君がちょこっと紹介してましたが、フィラリア流行地域で年に1回行っています。

どんな感じで駆虫薬を一斉に飲ませるのかというと、キャンペーン中(今回は11/28~12/7)に各県の各郡にHAというヘルスワーカーさんたちがいまして、彼らが家々を回って世帯ごとに薬を渡してHAの目の前で飲ませるんです。
IMG_0514_convert_20120105222338.jpg
こんな感じ

この「家々に回って」「目の前で薬を飲ませる」ことがミソなのですが、

ここが一番手を抜きたくなるところなんですね-。

ほとんどのHAは不在宅にその後訪ねず、在宅者には説明もちゃんとせずにただ薬を渡していくだけなので、住民たち全員が薬をもらえなかったり、もらってもちゃんと理解していないために飲んでいない人が多数います。(もちろんちゃんとやってるHAもいますよ)

なのにHAやその上の人たちは出来の良いレポートを出してきます。普通に90%の人に薬を飲ませました♪とか。
データ改ざんじゃなくてデータねつ造ですね!!
そんなデータをそのまま信用してMDAが終わったら何の意味もありません。

むしろフィラリア患者が増えてしまう恐れ大

なので、実際それが行われたのかどうかを第三者機関に調査を行ってもらい、正確なデータを出そうという話です。

私たちフィラリア隊員もそれぞれ自分の任地で、1日から10日までどれくらいの人が薬を飲んだのか第三者機関の人たちと一緒に見て回っています。

私の任地・ディナジは前回のMDAで良い結果を出したらしいので、MDAを時期をずらしてやる~とか小規模に行う~とかなんとかで、とりあえず今回はありません
でも1月か2月にMDAをやるという話もあるのでディナジに赴任してからMDAを行う他県(ちゃきのいるタクルガオン、ラルモニルハット、ニルファマリ)に何度か行き、先輩隊員の活動に同行させてもらってました
IMG_0505_convert_20120105215808.jpg
ニルファマリのフィラリア病院とちゃき
IMG_0495_convert_20120105223911.jpg
タクルガオンの郡役場の月例会議
IMG_0527_convert_20120105223056.jpg
ラルモニルハットの郡病院にMDAのバナーを飾る先輩隊員

そして今回サーベイを行う県でロングプールにだけ隊員がおらず、私だけがサーベイのない任地ということでちゃっかりこの仕事をいただきました

そんなサーベイ3日目、ちょっとした事件が。。
第三者機関のフィールドワーカーが調査している場所の前日にHAらがフィラリアの薬を配っていったという情報がありました!!
さらに4日目、ちゃきのいるタクルガオンでも同じことが発覚!!
もう2人で電話しながらキー!!ってなりました。笑




…ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、残り5日間頑張ります

ロングプールは北部でもかなりの都会で、中心地はいつも人で賑わっています。
ダッカ以外の場所で都会に行ったことがないからか、これがけっこう新鮮で満喫しちゃってます^^

では新年早々バタバタしてますが、

本年も23-2ブログをよろしくお願い致します。

IMG_0550_convert_20120106020336.jpg
プロジェクトカードライバーのシラジさん
page top
Copyright © 2017 H23-2次隊 Bangladesh. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。