H23-2次隊 Bangladesh
H23-2次隊 バングラデシュ組がお贈りする、まぁそれはそれは楽しいBlogです。
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
タクルガオンのちゃきです。
昨日、久々に水シャワー浴びました。
カラダが火照ってたのもあって、水シャワーが本当に心地よかった。
気持ちいい!!さっぱり!!
「この先も年中ホットシャワー」なんて思ってたけど、案外すんなり水シャワーに移行するかもしれない。

さてさて・・・
活動の話に移ります。
私はこの頃県内をぐるぐるプロジェクトカーで回ってます。
先月ダッカでフィラリア事務所と隊員のミーティングが行われ、
その議論を念頭においた、活動の方向性を探りながらの巡回です。
行政機関、NGO、コミュニティクリニック、学校、村々・・・
毎日沢山の人に出会い、泣いたり笑ったりしながら楽しんでやってます。

CC

↑コミュニティグループのミーティングでの啓発活動後

いつも楽しんで活動したい。でも、苦しみもある。
バングラデシュに来て、私が最も苦しいと感じたことは
ベンガル人を信じられないというその事実。
「仕事をサボる」、「嘘をつく」、「データ捏造」・・・
任地に赴任して、3ヶ月程の間にそんな場面を沢山目にしてしまいました
その影響か、フィールドの状態が良くないと
ついついベンガル人を問いただしたくなります。

しかし、この2週間いろんな人と出会って意識が変わってきました。
騙されて馬鹿やるのは御免だけど、信頼なくして私は彼らと共にやっていけない。
問題に目を瞑っちゃダメだけど、そんなことはしないけど、
でっかい器をもってやっていこうと決めました。

特に、最近保健行政改革がフィールドレベルでも動き出したことがよくわかります。
この動きに今期待、注目しています。

昨日は、NGO主催、新配属のヘルスワーカー向けのトレーニングがありました。
その際、NGOのマネージャーが彼らヘルスワーカーに言った言葉。

「私は君たちがどうやってこのポストについたかは聞かない。
そんなこと聞く必要なんかない。しかし、もうポストに就いたんだ。
責任を持って仕事をしなきゃならない。その為に私は君を助ける。」

新配属のヘルスワーカーはコネで仕事についた者もいるし、実力で仕事についた者もいる。
でもそんなの関係ない。責任をもって仕事をする、その姿勢が大切。
そして、彼らの熱心な仕事の恩恵が住民に届かなきゃ意味がない。
彼らの仕事は沢山ある。
一方で、彼らのサービスを届けるために私に出来ることも、私がしなくちゃいけないことも沢山ある。
まだまだ思うようにベンガル語も喋れず、思うように活動も回らず
それでも一日一日大切にやっていきたいと思います。
スポンサーサイト
page top
Copyright © 2017 H23-2次隊 Bangladesh. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。