• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
H23-2次隊 Bangladesh
H23-2次隊 バングラデシュ組がお贈りする、まぁそれはそれは楽しいBlogです。
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
K
フィラリア 〜Neglected Tropical Disease〜
2011-11-20-Sun トラックバック : 0  コメント : 1
トルカリは不味いけど肉の美味さには感動中の感染症対策隊員Kです。

フィラリアについて簡単に説明させていただきます。
「糸状虫」という別称に表れる通り、細長い糸状の姿をした寄生虫です。

INFEC011.jpg


日本ではイヌの心臓などに寄生する犬糸状虫がよく知られており、これこそがフィラリアと思われがちですが、私達が相対しているのはヒト固有でリンパ系に寄生するフィラリアです。

こいつがリンパに住み着いてその循環を阻害することで「陰嚢水腫」、「象皮病」などを引き起こします。
キ○タマや脚などが膨れあがり、弱くなった皮膚がさらに二次感染を繰り返すと象の皮膚のように硬くなっていきます。
進展度によってはとてもショッキングな病態ですので、興味のある方はご自身で検索してみてください

リンパ系フィラリア症は身体を虚弱化させ外観を損なうことによる苦しみを与える最も深刻な疾患の1つです。

しかしながら致死的ではないことや先進国ではほとんど症例がないなどの理由から、世界の関心を集めることが少ない「顧みられない熱帯病(NTD; Neglected Tropical Disease)」の1つに位置付けられています。


この病気は広く熱帯•亜熱帯地域に分布し、社会的差別恥辱を引き起こしています。
世界約80ヵ国で1億2千万人の患者がいると推測されており、13億人もの人々が感染リスクに晒されていると言われています。

GLym001d.gif
    (Red: endemic, Green: unaffected, Yellow: unknown)

ちなみに、かつては日本の暖かい地方でも感染が見られ、西郷隆盛が罹患していたことが知られています。


成虫は数cmにまで成長し、見に見えない程小さな無数の仔虫(ミクロフィラリア)を産み続けます。
が感染者を吸血することで血液中のミクロフィラリアが吸われ、その蚊がまた他のヒトを吸血する際にミクロフィラリアがヒト体内に侵入して感染サイクルが成立します。

伝播に関与するのがヒトと蚊のみであることは、遮断すべき感染ルートが限られているという意味ではアドバンテージであると捉えられます。

WHOは流行地域の住民全員に対して数年間の駆虫薬一斉投与(MDA; Mass Drug Administration)を行い、ヒトのミクロフィラリア感染率を下げることで最終的に伝播を閉ざすことができると考えています。

そう、理論上フィラリアを撲滅することは可能なんです。


その年に1度の大イベントが間もなく始まるという訳です。
まだ赴任したての新米隊員には正直言ってです…

CIMG0635.jpg


とりあえずやれるだけやってみようと気持ち新たにするKでした(´∀`)
スポンサーサイト
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
せーやより | URL | 2011-11-22-Tue 21:43 [編集]
めちゃおもろかった!!!!
めちゃ勉強になった!!!!
ありがとう!

なんで、先進国ではフィラリアが存在しないの?
予防接種があるの??

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 H23-2次隊 Bangladesh. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。