• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
H23-2次隊 Bangladesh
H23-2次隊 バングラデシュ組がお贈りする、まぁそれはそれは楽しいBlogです。
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ちゃき
ピクニック@ディナジプール
2012-02-18-Sat トラックバック : 0  コメント : 0
タクルガオン在住、ご無沙汰な「ちゃき」です。

バングラの冬はもう去り、北部のタクルガオンですらとても暖かいです。
バングラデシュの人々では、寒い季節、涼しい季節によくピクニックに出かけます
暖かくなったとは言え、過ごしやすい気候の今日この頃
昨日、つい2日前に知り合った私立小学校経営者に誘われ、
小学生たちとバスに乗り、ピクニックに行ってきました。
行き先は

「ディナジプールのシングラ国立公園」。


今回のピクニックのテーマは「自然」だそう。
加えて、子供たちにとっては「国際交流」の機会ともなりました。
なぜなら、今回のピクニックは外国人がなんと私含め5人参加。
オーストラリアとタイからの旅行客がタクルガオンの私立学校を視察しており、
以前からの意図か偶然かピクニックに同行することになったようです。


<ピクニックプログラム>
①軽食
②歌、ダンス発表会
③昼食
④レクレーション
⑤森林散策

b1.jpg


段取りがよく、発表会で子供を見守る親たちは学校の参観日のようで、
日本の学校行事を思い出しました。
終日見ていて、子供達の様子を見ても、先生の様子を見ても、
私立小学校だからか、公立学校にみるバングラらしさがなく、日本の感覚に近い。
遠足後の教師陣との懇談を通しても、その印象を受け、
その興味から、今後学校を訪問し、授業を見せてもらうことにしました。
改めてこのブログで報告できればと思います。

ちなみに、今回のピクニックで印象に残ったのは、
レクレーションと昼食。
レクレーションは木登り、サッカー、フリスビー、鬼ごっこ、椅子とりゲーム、ダンス等白熱。
中でもダンスでは狂ったように皆踊り、
椅子とりゲームはその面白さにハマってどちらも異様なまでの一体感。


b2.jpg

昼食は、それ自体は特別変わりないものでしたが、
昼食の終盤にどこからやって来たかわからない
残飯を求める多くの貧しい子供たちがとても印象的でした。

b2.jpg


ピクニックの後、残飯を貧しい住民が食べる、と以前話に聞いていたので、
私はその様子を見るや、ブログ用にと写真を撮っていると、
「バングラは貧しい国だから、こういうことはよくあるんだ」と一人の青年が近づいてきた。
「貧しい国」という言葉はよく聞く。皆、そう言う。
いつもこの言葉に引っかかる。
金銭的な貧しさを言えば、バングラは「貧しい国」では無く、
「格差が大きい国」だと私は思っており、今日は青年にそう話すと、彼も頷いていた。
 この格差の問題は、常に私が問題視し、考えていることうちの一項目です。
毎日、フィラリアの制圧に向けて、私なりに何をすべきか考えながらも、
様々なことを疑問に思ったり、問題だと思ったりしながら、
それぞれの事柄の解決の方向をさがしています。

以上、ちゃきでした☆彡
スポンサーサイト
page top



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 H23-2次隊 Bangladesh. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。