• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
H23-2次隊 Bangladesh
H23-2次隊 バングラデシュ組がお贈りする、まぁそれはそれは楽しいBlogです。
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
暑い〜〜〜

CIMG7071.jpg

です。





じゃなくてKです。

バングラデシュではもうセミが鳴き始めました。


フィラリア対策隊員は今月もフィラリア事務所でミーティングがありました。

事務所提示案に対する隊員のまとめ意見を提出&5月の学校キャンペーン等について順序良く話し合って終わらせるつもりだったのですが、急遽横から割り込むような形でフィラリア症患者リストのアップデートへの協力が依頼されました。

どうもWHOが陰嚢水腫の手術を援助してくれるという話が持ち上がったためらしい。
それは素晴らしい

しかし前回の内容を基に活動方針を固めたつもりで来た隊員側は困惑。
その上ベンガル人スタッフ同士であーでもないこーでもないと勝手に話を進める状況に。

結果的には実行する方針で決着がついたものの、予想外の時間を費やし皆ぐったり...

This is Bengali time.

CIMG7274.jpg
         フィラリア対策隊員 in JOCVハウス


そんなこんなで話は変わりまして、その後任地に帰ると吉報が。
苦節半年、なんとようやく配属先にマイルームが与えらえることに!

事務所が狭いためフィールドワーク以外では自分の居場所がなく、デスクワークは家でひとり寂しくせざるを得ませんでした。
同僚とダベっていられるだけでも少なくともベンガル語はもっと上達していた筈なのに(涙)

何はともあれ、ここから私の新しいバングラライフが今!始まりマッシュ...!

「こっちだよ」
カウンターパートに2階の隅っこにある部屋の前に連れていかれる。
(本当は誰でも気軽に訪ねに来られるような場所が良かったんだけど...)
でもやっと貰えた部屋にもはや文句は言うまい。

扉を開けると

CIMG7302.jpg

Oh...

なんとデスクが無い、床は外から吹き込んだ砂が積もってまるで砂漠、おまけにファン壊れてる。
おれ何か悪いことした?(涙)
これはオフィスとして機能させるのにまた何週間かかることやら...

よし、この際もう諦めましょう。

まぁこれはきっと元気にフィールドで活動しろやというアッラーの思し召し。
生きてりゃ良い事あるっておれ


CIMG7181.jpg


良くも悪くもいい加減慣れが生じてきてしまっている此の頃。
毎日を新鮮な気持ちで生きることの大切さを感じているKでした(´∀`)
スポンサーサイト
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
承認待ちコメント
| | 2012-04-30-Mon 13:35 [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
| | 2012-11-22-Thu 04:33 [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
| | 2013-01-18-Fri 09:11 [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 H23-2次隊 Bangladesh. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。